zh-hans pl it en de
La cultura del vino in Calabria 2018-01-03T20:38:17+00:00

ギリシャ人の元祖であったぺラスギアン族が、カラブリアにワインの文化を持ちこんだことは確実です。ぺラスギアンの子孫であったエノトリア人は、カラブリアの中部北部は、エノトリア、またはワインの大地と呼んでいました。入植民のアカイアとカルチデージ人の侵略で、現在のカラブリアの海岸沿い地区は、輸出するためのワインを造る広大なブドウ畑になりました。 シバリのワインは、ミレトスの町を通り、小アジアやペルシャ帝国に持ち込まれていました。大ギリシャの町のワインはアンフォラに入れて運ばれ、その破片は地中海沿岸でたくさん発見され、考古学者達によってMGSと命名されました。主に、黒ブドウから作られたパッシートワインを生産していたと考えられています。 破壊されたカラブリアのシバリの大地に、ギリシャのテッサーリア地域から、産毛で覆われたような葉を持つ“アミネータ・ラナータ”と呼ばれる 白ブドウが持ち込まれました。 このブドウから、カンパニア州とカラブリア州に育つコーダ・ディ・ヴォルぺ、又はグアルダヴァッレと呼ばれる品種が生まれたと考えられています。
ロクロイには、岩盤を削って掘り上げた醸造所の跡がたくさん残っており、これはワインの生産、とりわけデザートワインの生産が盛んだったと考えることができます。
レッジョ県全域で、約200の土着品種を数えることができ、その後のより緻密な調査では、500を超える可能性があり得ます。