zh-hans pl it en de
Azienda 2018-01-03T20:38:33+00:00

ルイジは、1800年代にラヴォラータ家で最初にブドウ栽培を始め、その後息子のドメニコが父親の情熱を引き継ぎました。1958年、彼の12人の子供の2番目のヴィンチェンツォが、こだわりのワイン造りを行い、イタリア全土に売っていました。
ドメニコの11番目の息子であるイラーリオは、伝統と一族の絆、技術改革とグローバリゼーションをミックスしたため、ワインの生産が伸びました。
短期間のうちに、彼のワインは外国市場、とりわけベルギーとドイツで評価されるようになりました。
現在、同じ情熱と注意力と献身さを持って、エノロゴであるドメニコ(イラーリオの息子)が畑と生産に携わり、アデーレが経理担当、ドメニコ(ヴィンチェンツォの息子)とダニロは販売を担当しています。
一族の相乗的なビジネス、伝統へのこだわり、土着品種へのこだわりは、“個性的な”ワイン造りに拍車をかけ、これらは国内外で評価され、多くの賞や高評価を得ています。このことは、ワインを通して、この地を知ってもらおうと願う私たちに益々刺激となっています。